ミャンマー、タイ、ラオス、三国の接するゴールデントライアングル

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 ゴールデントライアングル(黄金の三角地帯) Golden Triangle


本来の意味は、「三国の国境が接する珍しい、貴重な場所」の意。それを黄金になぞらえて表現される。タイ語でサーム・リアム・トンカム(Saam Liam Thong Kham)。実際はミャンマー・タイ・ラオスにまたがる数千平方キロの地域を指すが、チェンセンから北へ9kmに位置するソップ・ルアック(Sop Ruak)村でルアック川(ミャンマー・タイ国境)とメコン川(タイ・ラオス国境)が合流しているので、ゴールデン・トライアングル・ホテル前のメコン川沿いに「ゴールデン・トライアングル」の表示板が建ち、観光地になっている。

2006年2月1日発行 1号 掲載記事


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
【2020年タイ】少し遅いお正月休みはチェンライ3/4 チェンセン&ゴールデントライアングル編 (2020/01/24ころ)

12月も中旬を過ぎた頃、1月下旬に連休が取れる事が分かり大急ぎでプランニング。航空券の値段やマイルで発券するなら必要なマイル数とか空席状況、旅程、等々勘案した結果「やっぱりタイ」。少し遅いお正月休みはチェンライに行ってきました。 人見知りなので、真ん中より端っこが好きです。タイとラオスとミャンマーの端っこが集まるゴールデントライアングルは、そんな人見知りな自分が行ってみたかった所の一つ。チェンライからバスを使って簡単に行けるのも良い。今日は、14世紀にチェンセン王国の都として栄えた古い城郭都市チェンセンを経由して、ゴールデントライアングルを目指します。 ■日程 ◇2020/01/22   東京→バンコク→チェンライ   ・ワット ロンクン(白い寺院 ) ◇2020/01/23   ・ワット プラケオ(エメラルド仏陀の複製)   ・ワット ロンスアテン (青い寺院)   ・バーンダム ミュージアム(黒い家)   ・ポンプラバート温泉 ◆2020/01/24   ・チェンセン   ・ゴールデントライアングル   ・メーサイ&タチレク ◇2020/01/25   チェンライ→バンコク→東京 ■1バーツ(THB)≒3.5円
続きへ

タイ・ミャンマー・ラオス 3か国日帰りツアー(3)タイ編 (2020/01/11ころ)

この「3か国日帰りツアー」に参加したのは、ミャンマーとラオスに行ってみたい、というのが最初のきっかけでしたが、ツアーの構成的には、ミャンマーとラオスへの入国はある意味「おまけ」のようなもので、ツアーの趣旨的に重要な部分を占める見どころは、主にタイ国内に集まっていました。色々と考えさせられるようなこともありつつ、もちろん純粋に観光としても楽しみながら、様々な見どころを回ってきました。
続きへ

酷暑のタイ北部へ【その2】あこがれの、ゴールデントライアングルは・・・ (2019/05/03ころ)

春の超大型連休の後半を使っていく、タイ北部への旅。 日本からの直行便は飛んでいないので、 いつものように、香港・マカオを経由してタイへと移動。 酷暑のタイに到着してから、バス移動を開始。 タクシーも使って、なんとか明るいうちに ゴールデントライアングルに着いたものの。。。 5/2(木):地元からLCCで香港へ 5/3(金):香港から船でマカオ      エアアジアでチェンライへ、バスでチェンセーン、      タクシーでゴールデン・トライアングルへ ←ここ、と 5/4(土):ゴールデン・トライアングルからソンテウでメーサイ、 ←ここ      国境を越えてミャンマー(タチレイ)へ日帰り 5/5(日):バスでチェンマイへ、夜行列車で南下 5/6(月):夜行列車でバンコク着、      エアアジアでマカオへ、船で香港へ 5/7(火):LCCで帰国
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会