中国の影響が強く残るタイ・ミャンマー国境山あいの村、メーサロン

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 バーン・メーサロン(メーサロン村) Ban Mae Salong


国共内乱で中国大陸を南下してきた旧国民党軍の家族が尾根を切り拓いてつくった町で、中国語の表記は美斯楽村。人口は約1万人。第二次インドシナ戦争が終了した1980年代にタイ軍が駐留して観光地化された。アメリカ映画『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』のモデルにされたが、世界史の影響をもろに受けた避難民の町である。今日では2万本ヒマラヤヒカンザクラが咲く、タイ国内では屈指の避暑地として有名。台湾からの観光客も多い。

2006年2月1日発行 1号 掲載記事

 

みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
2018年 7月 タイ・メーサロン チェンマイからタイの中の雲南省、美斯楽へ。 (2018/07/14ころ)

メーサロンへ行くのは3回目。 お茶以外何も無いし、興味のない人にとってはつまらない所かも知れないけど、広大に広がる茶畑は圧巻だし、標高が1000m超えるのでタイとは思えぬ涼しさで避暑にはもってこい。 小さな街(村?)全体が中国の田舎風でそこにアカ族等の少数民族も加わり、一瞬ここがどこの国なのか分からなくなるカオスな感じも好き。 以前はお茶目当てで行ったけど、今回は今はまっているトナオ(アジア納豆)や腐乳と中国雲南、タイの関係についてもう少し詳しく知りたくて行ってみました。 今回はチェンマイからメーサロンへの行き方からご紹介します。
続きへ

メーサローンへの道 (2016/08/21ころ)

チェンライ滞在の初日、スワンナプーム空港早朝5時着のJL便から乗り継ぎ、9時には空港に到着する予定だったので、地元の旅行会社にメーサローン行きのツアーを申し込んでおきました。 四駆のワゴン車に僕ひとり。日本語のできるガイドさんと運転手さん、そして研修中(インターンシップ?)だという大学生の女の子。 空港を出て、チェンライの町とは逆方向のメーサーイ方面に向かいます。そしてメーチャンという町を左手に逸れて、だんだんと険しくなる山道を登っていくと… 台湾に脱出した国民党の流れを汲む人たちが多く暮らすメーサローンへ。
続きへ

3曲目 “わかってもらえるさ”、彼女から影響を受けていた (2016/05/01ころ)

「あなたは角田光代さんに影響を受けたのね。」 昨日、そう言われた。 5年振りに彼女の本を読み返してみた。 そこには旅先で出会った人たちとの物語が綴られていた。 6年前の2010年6月、久しぶりの海外旅行はインドだった。 人との関わりが怖かった。 その年の12月、エジプトへ行った。 遺跡と砂漠を見たことで満足していた。 彼女の本を読んだ後に行ったスリランカには、初めてチェキを持っていった。 そこから、少しずつ興味が観光から人との出会いに変わっていった。 まだ、静かに感情を揺さぶられるような旅はできていない。 いつか、彼女のような旅をしたい。 高校生の時に聞いていたRCサクセションの曲とともに.......
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会