シャン風高床の家が並ぶ世界遺産の町並み ルアンパバーン

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 ルアンパバーン Luang Pabang

ルアンパバーン (Luang Phabang, Luang Pabang) は、ラオス北部に位置する古都。過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたためルアンプラバンあるいはルアンプラバーン (Luang Phrabang、Luang Prabang) とも表記される。市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産(ルアン・パバンの町)に登録されている。

ラオスの首都ビエンチャンからメコン川を約400km上流にさかのぼったカーン川との合流場所に位置する。人口約16000人。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら
 


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
2017秋 タイとラオスの一人旅 *後半ルアンパバーン編* (2017/11/08ころ)

インドシナ半島で唯一まだ行って無かったラオスに行ってみたかったのと、バンコクに住んでいる旧友に会いに行くためにまたまた一人旅をさせてもらいました。 7月にピーチ航空での北海道行きを夜行バスでの北アルプス登山に急遽変更した為に、ピーチポイント2万ポイントが残っていて、年内に使い切るためにバンコクまで往復那覇経由のピーチ便を使いました。 バンコクからラオス・ルアンパバーンへはエクスペディアで航空券とホテル3泊をまとめて予約しました。(参考価格 2万5千円 タイエアアジア便・ホテル星なし朝食あり片道分空港送迎あり) メコン川は20代前半にバックパッカーで雲南省のシーサンパンナに行った時以来でしたが、見るだけでなぜか男のロマンをかきたてる何か、があるような気がします。 そのメコン川のほとりの古都ルアンパバーンも時が止まったかのような、おだやかな時間が流れる魅力的な街でした。
続きへ

駐在のついでに 【現地速報】ラオス Luang Prabang 遠征 (5・完) メコンの流れを眺めながら、"Beerlao" で、旅の締めくくり! (2017/11/05ころ)

最終日は、托鉢の見学後、王宮博物館とTAECを廻って終了。 最後は、ラオスビールで締めくくり!
続きへ

駐在のついでに 【現地速報】ラオス Luang Prabang 遠征(2) 托鉢! (2017/11/04ころ)

Luang Prabang といえば、托鉢! 朝の6時前は、この時期まだ暗く、僧侶の皆さんの動きも意外と早くて撮影困難…
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会