ミャンマー・シャン州北部 多様な民族・宗教が混在する都市 ラーショー

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 ラーショー Lashio


戦時中の援蒋ルートの一つビルマ公路の起点となった町ラーショーは、現在シャン州北部最大の都市である。市内には大きなシャン様式の寺に加え、教会やモスクなど各宗教の寺院がある。居住民族ではシャン、カチン、ワ人が多数派だが、中国系のコーカンおよび植民地時代に移住したインド系の住民も多い。また中国・ミャンマー間の陸上貿易の中継地点でもあるため市内のマーケットには中国製品が並ぶが、各民族の衣類も多数売られているなど、多様な文化や宗教が混在する都市である。

2007年1月1日発行4号掲載

 

みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル

Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会