タイ北部の少数民族を訪ねる起点 チェンライ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンライ Chiang Rai

チエンライ市(Amphoe Mueang Chiang Rai)はタイ・北部の郡(アンプー)。チエンラーイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。バンコクから約950キロ。市内の人口は62,000人で、北緯19°56'東経99°51'に位置する。俗にチエンマイについで美人が多いとされる。が、中国残党軍の血が濃く、中華系の人が多い。チャンマイより美人が多いと称する人も少なくない。道路標識なども中国語が併記されている。街は小さくチェンマイよりはこじんまりとしている。道路も単純でレンタルバイクが重宝であろう。英語はバンコクやチェンマイほど通じない。ホテルでもタイ語がわからないと苦労するだろう。

1262年(タイ仏暦1805年)ごろラーンナータイ王国の創設者・メンラーイ王によって首都として設立された。しかし、メンラーイ王はすぐにチエンマイに遷都した。1432年(タイ仏暦1975)にはエメラルド仏がワット・プラケーオ(チエンライ)で発見された。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら
 

みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
チェンライ郊外の個性派観光スポット巡り (2020/01/11ころ)

 私にとって初めてのタイ旅行ですが、訪れたのはバンコクではなく、北のはずれの小さな町「チェンライ」です。元々この町に興味を持ったのは、ミャンマー・ラオスの国境を越えられる日帰りツアーがあるというのを知ったのがきっかけでしたが、色々調べていくうちに、チェンライ自体にも面白そうな観光スポットが沢山ありそうだということが分かってきたので、国境越えツアーを予約した旅行会社で、ついでにチェンライ到着日のタクシーチャーターも予約し、空港からホテルに行くまでに、自力では行きにくそうな郊外の観光スポットを訪れてみることにしました。
続きへ

隠れた魅力満載、チェンライの町を歩く(前編) (2020/01/11ころ)

ミャンマーやラオスに手軽に行ける、というのが最初のきっかけで、近くにホワイトテンプルなどの面白そうな観光地もある、ということでチェンライ行きを決めたわけですが、チェンライの町自体にも見どころは沢山ありました。「チェンライ ○○」で検索しても「チェンマイ」の情報ばかりしか出てこないような、あまり観光地としては知られていない場所のため、事前に得られる情報も限られていましたが、僅かな情報を頼りに色々足を運んでみると、その先々で期待以上の体験が待っていました。
続きへ

隠れた魅力満載、チェンライの町を歩く(後編) (2020/01/11ころ)

旅の計画を立て始めた当初は、最終日は朝早くチェンライを発って乗継地のバンコクで1日観光する、という予定でしたが、チェンライから日本まで通しで航空券を買うと、なぜか出国審査をチェンライで受けることになり、バンコクで外に出られないらしいということが分かったため、チェンライを夕方に発つよう計画を変更しました。チェンライで半日以上もの滞在は時間を持て余すのではないかと心配しましたが、全くの杞憂であったどころか、むしろ時間が足りないほど、チェンライは見どころに溢れていました。
続きへ

正月タイ北部、バンコクカウントダウン (2019/12/26ころ)

※飛行機、日程 12/26 20:30 エアアジア XJ611 関空→ドンムアン 12/27 WE161 タイライオン SL544 ドンムアン17:20 →18:45 チエンライ 27:午前中ちょっとバンコク市内へ 28:バイクでタムルアン洞窟、メーサイ、タチレクへ 29:チェンライ市内、シンハーパーク、チェンマイへ移動 12/29 チエンライからチェンマイへバスで移動 30:列車でランパーン観光 12/31 WE161 タイスマイル チェンマイ 11:45→13:00 スワンナブーム タニヤからアジアンテックリバーフロントでカウントダウン 1/1 ベトナムマッサージ、バンコク市内 1/2 ホテル移動、セントラルビレッジ アウトレットモール 1/3 市内寺院からアリーのカフェへ 1/3 XW112 ノックスクート 20:40→ 7:10 関西 ※ホテル チエンライ:ワイアンインホテル チェンマイ:チェンマイプラザホテル バンコク:トリニティーシーロム バンコク:フラマエクスクルシーブアソーク
続きへ

チェンラーイでメリクリ?年末年始のタイ北部からラオス北部への旅? (2019/12/23ころ)

タイ北部からラオス北部に入り、念願のポンサーリーを目指すことにした。 途中のルアンナムター、ウドムサイを訪れるのは、これが二度目である。チェンラーイに至っては、三度目の正直である。 恋も二度目なら少しは上手に愛のメッセージ伝えたい に倣うなら、 旅も二度目なら少しは上手に街のいいところ見つけたい なんちて。 (2020.01.02加筆)
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会