タイ北部の少数民族を訪ねる起点 チェンライ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンライ Chiang Rai

チエンライ市(Amphoe Mueang Chiang Rai)はタイ・北部の郡(アンプー)。チエンラーイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。バンコクから約950キロ。市内の人口は62,000人で、北緯19°56'東経99°51'に位置する。俗にチエンマイについで美人が多いとされる。が、中国残党軍の血が濃く、中華系の人が多い。チャンマイより美人が多いと称する人も少なくない。道路標識なども中国語が併記されている。街は小さくチェンマイよりはこじんまりとしている。道路も単純でレンタルバイクが重宝であろう。英語はバンコクやチェンマイほど通じない。ホテルでもタイ語がわからないと苦労するだろう。

1262年(タイ仏暦1805年)ごろラーンナータイ王国の創設者・メンラーイ王によって首都として設立された。しかし、メンラーイ王はすぐにチエンマイに遷都した。1432年(タイ仏暦1975)にはエメラルド仏がワット・プラケーオ(チエンライ)で発見された。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら
 

みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
チェンライ(Chiang Rai) →チェンマイ→帰国(長沙) (2018/01/27ころ)

1月27日 昼過ぎにチェンセーン(Chiang Sean)をバスで出て、チェンライ(Chiang Rai)へ。 チェンライに1泊して翌日バスでチェンマイに戻りました。 最後のチェンマイ2泊は特に何もせず。 散歩したり、買い物したり、マッサージに行ったりして過ごし、30日に帰国(長沙)です。 長沙に着くと、雪世界。。 暖かいタイがすぐさま恋しくなりました。 [旅程] ●本編 1.16 23:25 長沙発エアアジア 1.17 01:25 チェンマイ着 泊 1.18 チェンマイ(Chiang Mai)泊 1.19 チェンマイ 1.20 チェンマイ 1.21 チェンマイ 1.22 チェンマイ 1.23 チェンマイ 1.24 チェンマイ 1.25 タートン(Tha Ton)泊 1.26 チェンセーン(Chiang Sean)泊 1.27 ●チェンライ(Chiang Rai)泊 1.28 ●チェンマイ泊 1.29 ●チェンマイ泊 1.30 18:40 チェンマイ発エアアジア 22:25 長沙着
続きへ

アジア縦横断の旅道中記 第6話《タイ・チェンライ町歩きとウケたホワイトテンプル》 (2018/01/10ころ)

《アジア縦横断の旅 東南アジア編》 メーサイで4日滞在後チェンライへ。 バンコクを起点にすると南に戻ることになる。 ○チェンライ初日-メーサイから到着。昼過ぎゲストハウスチェックイン。そのあと散歩。 ○チェンライ2日目-ホワイトテンプル見学。がっかり観光地ネタを手に入れる。その後街歩き。 ○チェンライ3日目-寒すぎ。朝12度。風があるから体感温度低すぎ。東南アジアにこんなに寒い場所があるとは。この日移動予定だったが寒すぎ却下。連泊。 ○4日目-今日も寒すぎ。調べたら18°/9°。水シャワーが冷たすぎて3日シャワー浴びてない。寒すぎて軽く喉痛いけど、できる限り厚着して移動する。結局チェンライでは1日も晴れなかった。
続きへ

4連休でチェンラーイ 一人旅? (2017/12/08ころ)

1日目。 ワットロンクン、バーンダム 本には行き方は書いてるけど帰り方は書いていないので、行ってから考えることに。 12月ノースリーブで暑くもなく寒くもなくちょうどいい気温。 夜は涼しいか肌寒い。 ? https://4travel.jp/travelogue/11311080
続きへ

4連休でチェンラーイ一人旅 ?メーサーイへ (2017/12/08ころ)

急遽、弾丸メーサーイへ。 ? https://4travel.jp/travelogue/11310852
続きへ

2017年 11月 チェンライ観光3日間 (2017/11/23ころ)

タイの友人がチェンライ旅行がしたいと言うので、3泊4日でいつもは殆どしない観光旅行へ行って来ました、印象的だったのは派手なお寺が多かったのと、タイの皇后様の離宮など普段はあまり見ることができない場所にも行って、いつも居るパタヤとは異なる、北タイ地方の情緒を味わって来ました。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会