タイ北部の少数民族を訪ねる起点 チェンライ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンライ Chiang Rai

チエンライ市(Amphoe Mueang Chiang Rai)はタイ・北部の郡(アンプー)。チエンラーイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。バンコクから約950キロ。市内の人口は62,000人で、北緯19°56'東経99°51'に位置する。俗にチエンマイについで美人が多いとされる。が、中国残党軍の血が濃く、中華系の人が多い。チャンマイより美人が多いと称する人も少なくない。道路標識なども中国語が併記されている。街は小さくチェンマイよりはこじんまりとしている。道路も単純でレンタルバイクが重宝であろう。英語はバンコクやチェンマイほど通じない。ホテルでもタイ語がわからないと苦労するだろう。

1262年(タイ仏暦1805年)ごろラーンナータイ王国の創設者・メンラーイ王によって首都として設立された。しかし、メンラーイ王はすぐにチエンマイに遷都した。1432年(タイ仏暦1975)にはエメラルド仏がワット・プラケーオ(チエンライ)で発見された。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら
 

みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
チェンライ郊外の個性派観光スポット巡り (2020/01/11ころ)

 私にとって初めてのタイ旅行ですが、訪れたのはバンコクではなく、北のはずれの小さな町「チェンライ」です。元々この町に興味を持ったのは、ミャンマー・ラオスの国境を越えられる日帰りツアーがあるというのを知ったのがきっかけでしたが、色々調べていくうちに、チェンライ自体にも面白そうな観光スポットが沢山ありそうだということが分かってきたので、国境越えツアーを予約した旅行会社で、ついでにチェンライ到着日のタクシーチャーターも予約し、空港からホテルに行くまでに、自力では行きにくそうな郊外の観光スポットを訪れてみることにしました。
続きへ

チェンラーイでメリクリ?年末年始のタイ北部からラオス北部への旅? (2019/12/23ころ)

タイ北部からラオス北部に入り、念願のポンサーリーを目指すことにした。 途中のルアンナムター、ウドムサイを訪れるのは、これが二度目である。チェンラーイに至っては、三度目の正直である。 恋も二度目なら少しは上手に愛のメッセージ伝えたい に倣うなら、 旅も二度目なら少しは上手に街のいいところ見つけたい なんちて。 (2020.01.02加筆)
続きへ

タイ・ミャンマー(チェンライ・チェンマイ編)サッカー少年奇跡の生還洞窟 (2019/12/16ころ)

タイ・ミャンマー国境越え(チェンライ・チェンマイ編) 「サッカー少年奇跡の生還で有名になっ洞窟へ」 タチレク編に続きチェンライ・チェンマイ編を作成しましたのでご覧ください。 2019.12.16?18タチレクに入国しカジノ併設のホテルに3泊 3日目  昨日の軽トラタクシーをホテルに呼びチェンライ・メーサイのあの洞窟を目指します。 12.19?21チェンマイ市内某ホテルに3泊 4日目  タチレクを離れ再び国境越え、タクシーで約6時間でチェンマイに到着 5日目  ゴルフ ランナーゴルフクラブ 6日目  ゴルフ メージョーゴルフクラブ 7日目  早朝5時チェクアウト  チェンマイ⇒バンコク⇒羽田空港
続きへ

タイで多拠点生活 ★2019・12 チェンラーイ生活★ 12/19追記 (2019/12/01ころ)

タイ最北県チェンラーイ、リゾート地パタヤ、南部パッタルンに家を持ち、 行ったり来たり生活。 チェンライ すっかり寒くなってきたんでパタヤで年末年始迎えます。 ブログなので日々 追加していきます ↓ のイサーンの緩いBGMでも聞きながら読んでください。   チェンラーイは北タイですが (〃 ̄ω ̄〃ゞ ま、いっか https://www.youtube.com/watch?v=YQzt_CVQIe4
続きへ

チェンライ、黒い寺院と青い寺院。(2019) (2019/11/27ころ)

2019年11月24日?12月3日までタイを旅しました。 24日 バンコクで一泊 25日?28日 タイ・チェンライ観光 29日?12月3日 再びバンコクに戻って宿泊 12月4日帰国 という日程で無事終了しました。 この旅行記は11/27?11/28 タイ・チェンライ観光で、バーンダム美術館 ワットロアステンなどの寺院を見学しました。 そして28日夕方、バンコクに戻りました。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会