タイ北部の少数民族を訪ねる起点 チェンライ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンライ Chiang Rai

チエンライ市(Amphoe Mueang Chiang Rai)はタイ・北部の郡(アンプー)。チエンラーイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。バンコクから約950キロ。市内の人口は62,000人で、北緯19°56'東経99°51'に位置する。俗にチエンマイについで美人が多いとされる。が、中国残党軍の血が濃く、中華系の人が多い。チャンマイより美人が多いと称する人も少なくない。道路標識なども中国語が併記されている。街は小さくチェンマイよりはこじんまりとしている。道路も単純でレンタルバイクが重宝であろう。英語はバンコクやチェンマイほど通じない。ホテルでもタイ語がわからないと苦労するだろう。

1262年(タイ仏暦1805年)ごろラーンナータイ王国の創設者・メンラーイ王によって首都として設立された。しかし、メンラーイ王はすぐにチエンマイに遷都した。1432年(タイ仏暦1975)にはエメラルド仏がワット・プラケーオ(チエンライ)で発見された。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら
 

みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
再びのチェンラーイ、悲しき熱帯の村【4日目】?タイ北部をゆるりと巡る旅/後編? (2019/10/01ころ)

2019年9月下旬から10月初めにかけて、26年ぶりにチェンラーイを訪れた。 26年前に初めて訪れたチェンマイ。そこからチェンラーイへ足を延ばし、メーサイへ日帰りで往復した。 メーサイでは、対岸のミャンマー側のタチレイとの間に架かる橋のたもとで、おそらくミャンマー側から出稼ぎに来ていると思われる小学校低学年ぐらいの民族衣装を着ている少女たちに出会った。 彼女たちにチップを渡して写真を撮影させてもらった。そもそも、私が山岳民族に興味を持ったのはこの出来事がきっかけである。 2019年、21年ぶりに海外の旅を再開することにした。かつてはネット環境の未整備から旅先で山岳民族にアプローチするのは極めて困難であった。 タイ北部に暮らすパドゥン・カレン族(俗称「首長族」)を手始めに、タイとミャンマーでいくつかの山岳民族の村を訪れ、その暮らしぶりの一端に触れることができた。 今回のタイ北部への旅は、今年に入ってからの山岳民族と関わる旅の中間決算的な意味合いを持つかもしれない。 今回は、少しだけマジに旅の振り返りもします。 (2019.10.03暫定版) 【10月01日(火)のスケジュール】 チェンラーイ  ↓ ホワイトテンプル  ↓ チェンラーイ  ↓ チェンセーン  ↓ ゴールデントライアングル  ↓ チェンセーン  ↓ チェンラーイ
続きへ

再びのチェンラーイ、悲しき熱帯の村【2日目】?タイ北部をゆるりと巡る旅/後編? (2019/09/29ころ)

2019年9月下旬から10月初めにかけて、26年ぶりにチェンラーイを訪れた。 26年前に初めて訪れたチェンマイ。そこからチェンラーイへ足を延ばし、メーサイへ日帰りで往復した。 メーサイでは、対岸のミャンマー側のタチレイとの間に架かる橋のたもとで、おそらくミャンマー側から出稼ぎに来ていると思われる小学校低学年ぐらいの民族衣装を着ている少女たちに出会った。 彼女たちにチップを渡して写真を撮影させてもらった。そもそも、私が山岳民族に興味を持ったのはこの出来事がきっかけである。 2019年、21年ぶりに海外の旅を再開することにした。かつてはネット環境の未整備から旅先で山岳民族にアプローチするのは極めて困難であった。 タイ北部に暮らすパドゥン・カレン族(俗称「首長族」)を手始めに、タイとミャンマーでいくつかの山岳民族の村を訪れ、その暮らしぶりの一端に触れることができた。 今回のタイ北部への旅は、今年に入ってからの山岳民族と関わる旅の中間決算的な意味合いを持つかもしれない。 今回は、少しだけマジに旅の振り返りもします。 (2019.11.07改訂)
続きへ

再びのチェンラーイ、悲しき熱帯の村【1日目】?タイ北部をゆるりと巡る旅/後編? (2019/09/28ころ)

2019年9月下旬から10月初めにかけて、26年ぶりにチェンラーイを訪れた。 26年前に初めて訪れたチェンマイ。そこからチェンラーイへ足を延ばし、メーサイへ日帰りで往復した。 メーサイでは、対岸のミャンマー側のタチレイとの間に架かる橋のたもとで、おそらくミャンマー側から出稼ぎに来ていると思われる小学校低学年ぐらいの民族衣装を着ている少女たちに出会った。 彼女たちにチップを渡して写真を撮影させてもらった。そもそも、私が山岳民族に興味を持ったのは、この出来事がきっかけである。 2019年、21年ぶりに海外の旅を再開することにした。かつてはネット環境の未整備から旅先で山岳民族にアプローチするのは極めて困難であった。 タイ北部に暮らすパドゥン・カレン族(俗称「首長族」)を手始めに、タイとミャンマーでいくつかの山岳民族の村を訪れ、その暮らしぶりの一端に触れることができた。 今回のタイ北部への旅は、今年に入ってからの山岳民族の村を訪れた旅の中間決算的な意味合いを持つかもしれない。 今回は、少しだけマジに旅の振り返りもします。 (2019.10.02暫定版)
続きへ

[チェンライ・バンコク]おばはん一人旅再び(1日目) (2019/09/14ころ)

9月14日(1日目) ・関空からチェンライ、サタデーマーケット ???????? 遅めの夏休みで、チェンライとバンコクと一人旅。 英語力は相変わらず幼稚園レベルでいろいろやらかしましたが、タイの魅力を存分に堪能してきました! 9月14日 関空 → チェンライ 9月15日 ホワイトテンプル、ブルーテンプル他 9月16日 チェンライ → バンコク 9月17日 ワットポー、ワットアルン、洗濯 9月18日 ラグジュアリーな日 9月19日 早朝便で帰国
続きへ

[チェンライ・バンコク]おばはん一人旅再び(2日目その1) (2019/09/14ころ)

9月15日(2日目チェンライ)その1 ホワイトテンプル・シンハーパーク・ナムギャオ 遅めの夏休みで、チェンライとバンコクと一人旅。 英語力は相変わらず幼稚園レベルでいろいろやらかしましたが、タイの魅力を存分に堪能してきました! 9月14日 関空 → チェンライ 9月15日 ホワイトテンプル、ブルーテンプル他 9月16日 チェンライ → バンコク 9月17日 ワットポー、ワットアルン、洗濯 9月18日 ラグジュアリーな日 9月19日 早朝便で帰国
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会