タイ北部の少数民族を訪ねる起点 チェンライ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンライ Chiang Rai

チエンライ市(Amphoe Mueang Chiang Rai)はタイ・北部の郡(アンプー)。チエンラーイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。バンコクから約950キロ。市内の人口は62,000人で、北緯19°56'東経99°51'に位置する。俗にチエンマイについで美人が多いとされる。が、中国残党軍の血が濃く、中華系の人が多い。チャンマイより美人が多いと称する人も少なくない。道路標識なども中国語が併記されている。街は小さくチェンマイよりはこじんまりとしている。道路も単純でレンタルバイクが重宝であろう。英語はバンコクやチェンマイほど通じない。ホテルでもタイ語がわからないと苦労するだろう。

1262年(タイ仏暦1805年)ごろラーンナータイ王国の創設者・メンラーイ王によって首都として設立された。しかし、メンラーイ王はすぐにチエンマイに遷都した。1432年(タイ仏暦1975)にはエメラルド仏がワット・プラケーオ(チエンライ)で発見された。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら
 

みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
リーマンパッカー タイ・チェンライ編 2019.04 (2019/04/05ころ)

チェンライ3泊4日の旅。 旅というよりかは里帰りでした。 PM2.5の大気汚染が深刻な様ですが、一時のバンコクみたいに 誰もがマスクをしているということではなく、毎年恒例のことで 生活に根差した風物詩の様にも感じました。 それでは嫁の実家への里帰り編の写真をどうぞ!
続きへ

チェンライ飲料水調査(タイ・ラオス国境地域) (2019/03/05ころ)

今回の調査は初めてのチェンライ東側山岳地域の調査である。チェンライ西側とは根本的に地質が異なる地域であるが、水組成にどのような違いがあるのか、また、点在する集落の飲料水は果たして飲用可のレベルであるか、興味深い。
続きへ

タイのチェンライとバンコク チェンライ4色のお寺 (2019/01/26ころ)

1年ぶりのタイ訪問。 今回はチェンライとバンコクに滞在。 チェンライでの主な目的は4色のお寺を巡ること。 バンコクでは最近インスタポイントになってるお寺とバンコクで最も高いビルに登ること。 旅慣れた国ですが何度訪れてもワクワクします。
続きへ

タイのチェンライとバンコク チェンライで食べた (2019/01/26ころ)

1年ぶりのタイ訪問。 今回はチェンライとバンコクに滞在。 チェンライでの主な目的は4色のお寺を巡ること。 バンコクでは最近インスタポイントになってるお寺とバンコクで最も高いビルに登ること。 旅慣れた国ですが何度訪れてもワクワクします。
続きへ

雲海を求めてプーチーファー (2018/12/08ころ)

タイの中でもチェンライは大好きで何度も行っていますが、今回は「空を指す山」と呼ばれるプーチーファーに行ってきました。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会