タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
真夏のチェンマイ!(2日目) (2019/08/15ころ)

皆さん、こんにちは。 旅は道連れです。 チェンマイひとり旅2日目です! 今日はあいにく雨空でした。。。
続きへ

真夏のチェンマイ!(1日目) (2019/08/14ころ)

皆さんこんにちは。 旅は道連れです。 と言っても基本は一人。(一緒にってくれる友達が、、、泣) ということで、 8月14日から8月20日でチェンマイへ行ってきました! タイに行くのは今回で2回目。 前回は10月ごろバンコクへ行きました。 前回は夜になっても気温が下がらず、熱帯夜にうなされたので、今回も暑さが気になるところですが、、、
続きへ

【1】《タクシー配車アプリ》Grab体験談 デビュー編 inチェンマイ (2019/08/13ころ)

タイでタクシー配車アプリのGrabを利用したときの体験談です。 言葉の壁もあるし、女一人旅にはとっても便利なサービスなんですが、 何せ物事はスムーズに行かない時もあるので… そういうのを書いてみました 旅行記にしていないお蔵入り写真と共に( ´ω` )/ ★今回は初めて使ったチェンマイ編です
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会