タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
Chiang Mai生活131(3月) (2020/03/01ころ)

毎年3月は、それでなくても山火事(野焼き?)によるPM2.5の大気汚染で大変なチェンマイだが、今年は更に厳しい新型コロナウィルスのパンデミックで不安な日々を送っている。人の移動が制限される状況になり、海外旅行は勿論、国内旅行でも予定を見送ったりしている人が増えているはずだ。この旅行サイト4travelなども甚大な影響が出ていると思う。実際、チェンマイの片田舎に暮らしている自分でさえ外出をする際に、どうしても出かけなければいけないのか、出かけなくても何とか済ませるのか、といちいち考えることが多くなった。そんな訳で、この3月はウチの庭を中心にほぼ近所の様子の写真になってしまった。
続きへ

チェンマイに戻って「首長族の村」とチェンダーオ洞窟へ行く?ミャンマー二十七泊の前にちょっこしタイ北部へ? (2020/02/10ころ)

☆☆☆タイ→ミャンマー→タイと旅をして来た。3月23日深夜発の福岡への帰国便(タイライオンエア)が欠航となり、予定を一日早めてタイ国際航空のバンコク-羽田便で23日に無事帰国した。 ☆☆☆ 自己最長二十七泊に及ぶミャンマーの旅の前にタイ北部を少し回ってみることにした。 ツアーに参加したり、タクシーをチャーターして観光をしたり。タイ北部にはタイを何度も訪れている私にとってまだまだ見所が多くあり、面白かった。 パーイでの短い滞在を楽しんだ私は、予定に従いチェンマイに戻ってきた。 当初の予定では、チェンマイには一泊だけするつもりであったが、日本を出る時のネコブルの結果、二泊することになった。 パーイへ行く前に泊まった同じゲストハウスに泊まり、二日目に個人でタクシーをチャーターして観光をすることにした。これがかなりグダグダな結果になってしまった。 タイのチェンマイやチェンラーイの旅行会社が主催するツアーの中には、看板には良いことを書いておいてそれに釣られて来た客に「明日はツアーはないが、代わりにタクシーをチャーターしてのプライベートツアーをお勧めします。」というパターンでツアーの内容に見合わない法外な料金を客から巻き上げているところがあるようだ。 私はこれまでこのパターンに何度か陥り、メーホンソーンでもチェンマイでもチェンラーイでも空しい思いをして来ている。 今回も、この詐欺に近いパターンに嵌ってしまったようである。もっと事前にリサーチをし、申し込む前にしつこいぐらい確認をしておくべきであった。とほほな私。 東南アジアあるあるの、見かけ倒しの個人ツアーにくれぐれもご用心召され。 ※トラブルの軽度のものをネコブルと言う。出典:若竹七海他「マレー半島すちゃらか紀行」(新潮社) 【旅のスケジュール】 福岡国際空港  ↓ バンコク  ↓ チェンマイ(2泊)  ↓ パーイ(3泊)  ↓ チェンマイ(2泊) ?この旅行記?  ↓ バンコク  ↓ ヤンゴン(ミャンマー入国) (2020.03.23暫定版)
続きへ

2019年チェンマイ 今年はショートステイ (7)余暇 温泉2 マッサージ レストラン  (2020/02/09ころ)

チェンマイ在住者人気のドイサケット温泉が改修工事期間を経て、2018年6月リニューアルオープンしました。 以前も訪問したことはありますが、リニューアル後は初めての訪問です。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会