タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
ili を、買って、、、 (2018/04/08ころ)

ili 話題の、翻訳機買いまして。 行ったけど、ほとんど、 地声で、話す方が伝わるかなぁ。 翻訳機、軽くて、 翻訳音声、大きく、 相手に、伝わる。 ただ、日本語の話し方が、下手なのか。 練習しないと、行けない。 また、出かけよう。
続きへ

台北でチェンマイを三明治 2日目はチェンマイでまったりしてるようで食べてるようで (2018/03/17ころ)

実は当初は台湾の東海岸を訪れようと企画してたんです。 でも大地震で被害が出てしまったので、落ち着いてからに日程を改めることにしてのダイバート。 年始のチェンマイのリベンジがしたいな?と思ってチケット探したら、バンコクエアウエイズでは買えないバンコクエアウエイズで台北=チェンマイ間のチケット発見!(LCCよりは高いけど) ということで、台北でチェンマイを三明治することにしました。 ちなみに三明治は中国語でサンドイッチのことです。 2日目はチェンマイに移動してまったり編です。いや、食べてばっかり編かな。 今回の航空券 NRT(JL805)→TPE(JL804)→NRT(JALエコノミー(L)44,090円をeJALポイント購入) TPE(PG4906(CI837)))→BKK(PG215)→CNX(PG222)→BKK(PG4901(CI834))→TPE(バンコクエアウエイズエコノミー(H)339.93EURをTripairというギリシャの代理店サイトで購入)
続きへ

2018年春タイ4週間の旅 _ チェンマイ編 (2018/03/08ころ)

今回は4週間(2018年3月8日?4月3日)のタイ旅行。チェンマイ7日泊、アユタヤ3泊、残りがサムイ島で、各地の移動には電車を利用して移動自体も楽しむことにしました。 こちらの旅行記は、そのうちのチェンマイ散策中に見つけたものや、今度チェンマイへ行く方におススメな所をご紹介しています。詳細は長くなるので私の旅行記ページ(https://creative-life.blog/category/travelog/thailand-spring-2018/)で説明しています。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会