タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
Chiang Mai生活134(6月) (2020/06/01ころ)

今年は新型コロナウィルスのせいで、何もしないうちに半分が過ぎてしまった。6月前半は雨も降らず、40℃近い暑い日が続いたが、後半は雨も降り始め、気温も落ち着いた雨季らしい快適な気候になってきた。
続きへ

Chiang Mai生活133(5月) (2020/05/01ころ)

5月、、、。タイでは3月26日に非常事態宣言が発令されて以来、4月末まで、5月末までと解除が延期されてきた。自分は3月中頃から外出を控えるようになったので、丸2ヶ月半不要不急の外出はしていないことになる。元々これに近い日常生活を送っていた自分でさえ、いい加減、外を自由に出歩きたいという思いが強くなっている。ましてや元気な若者たちの欲求不満は如何ばかりだろうかと気になる。  
続きへ

Chiang Mai生活132(4月) (2020/04/01ころ)

4月、、、例年ならタイの旧正月にあたるソンクラーン(水かけ祭り)があり、海外からの観光客で大いに賑わっているはずのチェンマイだが、PM2.5の大気汚染に新型コロナウィルスが加わり世界は一変、まず人々は外出出来ない状況で、街もひっそりしている。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会