タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
チェンマイ コムローイ祭(イーペンランナーカウボーイアーミー)にチケットなしで行ってみる (Give it a go. Watching Khomloy Festival CAD without reservation) (2018/11/22ころ)

2018年はコムローイ祭(イーペンランナー)・ロイクラトン・象祭りと1週間で3つのメジャーなお祭りが楽しめる年だったので、久々にタイへ行ってきました。この旅行記はコムローイ祭についてです。コムロイとは小さな熱気球みたいなもので、数千個を一斉に上げるコムローイ祭は幻想的な光景となります。2010年頃から映画ラプンツェルの影響で有名になり、11月(日は毎年変わります)には世界中から多くの観光客が押し寄せます。 2018年のチェンマイでのコムローイ祭は多くの会場が新たに設置され、イーペンランナー インターナショナル(メージョー大学近郊)の本家の他に、ノーザンスタディセンター(メーリム地区)・カウボーイアーミーライディングクラブ・ドイサケット・ドイティと5会場が乱立し合計で1日15000人(2日で20000人以上)を収容するビッグイベントになっています。数年前まではインターナショナルだけで4000人程度だったので、一気に規模が5倍まで増えました。しかしインターナショナル会場以外の評判は賛否両論で、過去の旅行記を見ても他の会場ではコムロイの打ち上げ数が少ない様に思えました。なので私は本家のイーペンランナー インターナショナルだけを狙っていたのですが、準備が遅かったため当然チケットは既に売り切れ。他に行くか悩んでいる内に時間は過ぎて、結局どこの会場の予約もなしでチェンマイ入りすることのなりました。(なお、開催10日前ほどにチェンマイの日系現地ツアー会社でインターナショナル会場の若干名のキャンセル空きがでたのですが、銀行振り込みで時間かかっている内に他の人に取られてしまいました) 結局チケットなしで自力で行ってみることに。実際に人混みを確認して、参加者(コムロイ数)が多そうなら飛び入り参加で当日券のチケットを買おうと考えました。当日券が売っているという事前情報は全くなかったのですが、ここ数年で一気にチケットの供給が増えたために、きっと幾つかの会場では参加者が少なくて当日券も売り出していることに賭けて自ら確かめてみることに。もしかしたらタイ人向けの現地価格でお得に見れるかもしれないと、楽観的な予測の元にコムローイ祭の3会場をレンタルバイクで廻ってみることにしました。 その結果は、、結局カウボーイアーミーライディングクラブ会場しか行っていませんが、予測は見事に外れ当日券は売っておらず席は満席でした。カウボーイアーミーライディングクラブは今年初開催にも関わらず大変賑わっていました。しかし有料観覧席のすぐ外側に無料で観覧できる場所があり、そこから大迫力の4000個のコムローイ打ち上げを至近距離で見ることができました。注意:この情報は2018年時点です。今後は会場のレイアウトが変更となり無料で近くまで行けなくなる可能性があります。
続きへ

今度こそイーペンランナー!! (2018/11/21ころ)

昨年コムローイを見にチェンマイへ。 ドイサケット村での参加だったので、リベンジということで、今年はイーペンランナーに参加!!!
続きへ

2018 コムローイ祭り (2018/11/18ころ)

2018.11月開催のコムローイ祭りに参加してきました? 満月に向かって放たれる数多くのランタンは幻想的です!
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会