タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
チェンマイシーズンスティ2018?チェンマイ県7大学選抜 オカマ大会 (2018/02/11ころ)

チェンマイ県の7大学の大学生が参加した、オカマ大会が2月11日の日曜日MAYAショッピングモール前にて開催された。 このイベントのテーマは、MAYAのフェースブックのタイ語を訳すと、一緒に勝利しよう!最も創造的な若者達の知恵でHIV予防を推進するキャンペーンを代表します。と言った内容になります。
続きへ

二度目のチェンマイ 避寒ミドルステイ 5 (2018/02/05ころ)

なにしろ厳しい日本の冬から逃げ出すのが最大の目的なのでこれといった計画もなくダラダラと毎日が過ぎてゆく。 家にいた時ももこれではいかん、と思って出てきたのに・・・。 重い尻を上げてとりあえず部屋を出る。写真はぶらぶらしていて見つけたタウンハウス(?)。 黙っていたらヨーロッパの街かと思いそう(かな?)。
続きへ

二度目のチェンマイ 避寒ミドルステイ 4 (2018/02/04ころ)

居場所も決まったので街に出た。チェンマイの街、特に旧市街はびっくりするほどきれいだ。大きな木が繁っているので落ち葉などはあるが、普通のごみはほとんど見当たらない。外周にあるお堀端には、そこここにこうした一休みできるベンチが設けられている。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会