タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
2018マッサージ三昧の旅 (2018/07/27ころ)

癒され旅行です。 マッサージに特化した備忘録。 チェンマイ&バンコク 初チェンマイでしたが、大好きになりました。
続きへ

チェンマイスナップ2018-?(市内散策 with チャーリー) (2018/07/17ころ)

スナップ?からの続き…市内散策の最終日、この日は相方さんとの同行は無し、チャーリーをレンタルして「ピン川」「チェンマイ駅」「ワロロット市場」辺り and more をライディング!翌日は、早朝、相方さんとタクシーシェアして空港へ、ドンムアン経由で成田まで。
続きへ

チェンマイスナップ2018-?(モンチェム紀行) (2018/07/16ころ)

スナップ?からの続き…ドイサケット温泉ツーリングの予定でしたが、モンチェムツーリングに変更になりました、しました、コケずにすみました!後半は街に戻って、チェンマイの日本式を堪能して、〆は タイ式マッサージでスッキリ(エロマッサージでは ありません)!
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会