タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
チェンマイ滞在中10/12 (2018/10/07ころ)

昨日10/7チェンマイに来ました 羽田空港からバンコク TG116便で チェンマイへ 2日目 ホテルの部屋です 6時過ぎ明るくなって来ました 時差で3時起き 土曜に帰国です 滞在記 進行中 日々 内容も更新中 疲れて 更新は 日々難しい状況 10/10 3日目 火曜日 朝です 昨夜は 19時に ナイトバザー方面へ 12時過ぎにホテル帰着となりました 4日目 チェンマイ ホルモン へ 5日目 郊外の 海鮮料理 6日目 移転後の家族亭へ 7日目 まだ ソムタム 食せず
続きへ

2泊3日 特に何もしてないチェンマイ一人旅 (2018/10/04ころ)

エアアジアでチェンマイへ。 たくさんお寺があるのにそんなに興味がないらしく、通りすがりにチラ見だけ。 特に何もしてないチェンマイの旅は適当すぎてグダグダ。
続きへ

チェンライからファーン(チェンマイ)はミニバスで (2018/09/26ころ)

8時、14時の2便のみの運行。定員14人。午後の便を逃すと、1泊無駄になる。それに、ホテルが予約済みであれば最悪。14人目でなんとかセーフ。運転手がお好みの品を途中で仕入れるために一時停車する意外は、3時間ノンストップで突っ走る。街を出て山岳部へ入ると、まるでレース場を思わせるエスカーブの連続。車に弱い向きは辛い。最後の一人であったため、座席は最後尾で最悪。途中から何故か音楽が流れ出す。運転手好みの音楽でしょうが、どうもいただけない。我慢して好きになるしか仕方がない。途中、検問所があり、警察官の職務質問があり、パスポートの提示と荷物の中身が問われる。パスポートを見せようとしたのだが、手にも取ってもらえず、もういい、という手振り。ファーンの街が近いことを感じる。街が見え始めるとミニバスは流れるように終点へ。バス降り場のすぐ隣が大きな市場。空腹を満たすのには十分。ホテルへはバイクタクシーで、あっという間に到着。代金20バーツ支払い、無事その日の宿でチェックイン。長くて短いミニバスの旅でした。明日は少数民族ラフ族の村へ。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会