タイ北部の中心都市であるとともに随一の古都 チェンマイ

   
  地名事典トップ(MAP)
 

ゴールデントライアングル

  バーン・ソード・タイ
  バーン・メーサロン
  ラーショー
  タウンジー
  チェイントン
  インレー湖
  西双版納(シーサンパンナ)
  ルアンパバーン
  チェンマイ
  チェンライ
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 チェンマイ Chiang Mai

チエンマイ市(Amphoe Mueang Chiang Mai)はタイ・北部にある郡(アンプー)。チェンマイとも。チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メンラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し、ラーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口では東北部のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、一般にバンコクに次ぐタイ第2の都市とされている。

ランナータイ王国の首都はもともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってこの地に遷都された。「チエンマイ」とは都市(チエン)新しい(マイ)、つまり「新しい都市」という意味である。
なお、チェンには環濠に囲まれた城郭都市の意味もあるので、「タイ版新城」と言えなくもないが、姉妹都市提携を結んでいる日本の都市は富山県魚津市である。市街地は碁盤の目状に整えられ、また河(ピン川)が街の東側に配置されるなど、その都市計画には中国の風水思想の影響が強く見られる。その意味で日本の平城京、平安京と似た成立背景を持っていると言えよう。平安京の比叡山延暦寺にあたる寺院が、チエンマイを見下ろす山頂にあるドーイ・ステープである。

中国雲南省からアユタヤに至る、南のシルクロードの中継都市として、盛んに貿易が行われた。1556年〜1775年はビルマの支配下に入り、その後はチャクリー王朝に服属した。

引用:フリー百科事典 Wikipedia (全文はこちら


みなさんの旅行記 旅行のクチコミサイト フォートラベル
? 2/11 病院マッサージ&サンティタムの愉快な仲間たち (2019/02/11ころ)

昨夜の大陸人との 飲み会の後遺症、 ラムパーンからの 移動疲れもあり、 起きてからも 部屋付きの お気に入りのテラスで だらだら。 お昼頃から活動開始です。
続きへ

? 2/10 去りがたしラムパーン→チェンマイ・サンティタムへ (2019/02/10ころ)

ダメだぁ、ラムパーンは たったの二泊じゃ足りないす。 予定を詰めないで、 最低一週間位はゆったり 滞在したいです。 ああ、 後ろ髪を引かれながらも、 本日はチェンマイに戻ります。 向かうのは、 学生の下宿街でもある サンティタムです。
続きへ

? 2/07 チェンマイ 朝から寺マッサージとご飯とビール (2019/02/07ころ)

移動の疲れ、その他モロモロの疲れ (お察しください)を持ち込んでの チェンマイ入り。 今日のマストはマッサージです! 何せわたくしはマッサージ中毒なので。。 一先ず施術を受けてから 後のことは決めることに。
続きへ


Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会