シャンの代表的な家庭の味 パクチョー(野菜の煮込みスープ)

   
 

パクチョー(野菜の煮込みスープ)

  トーフウンとトーフジョー
  ヌーサー(ひき肉のサラダ)
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 パクチョー 野菜の煮込みスープ

「リーキンテテッ!!」(シャン語で「とってもおいしい」の意)では、毎回シャン料理を一品ずつ、レシピも添えて紹介していきます。第一回目は「パクチョー」。シャンの代表的な家庭の味で、野菜の煮込みスープと訳せます。トマトとタマリンドで少し酸味を利かせるのが特徴。タマリンドはミャンマー、タイ雑貨店で手に入ります。家が違えば味も違うと言われ、材料、作り方はさまざま。頻繁に食卓へのぼることから、日本における味噌汁のような料理と言えるでしょう。今回は最もシンプルな作り方を紹介します。

【材料】
高菜・・・メイン食材なのでたっぷりと。小松菜でも可。
豚肉・・・お好みで。バラ肉を角煮にしてもおいしい。
トマト・・・お湯1リットルに対し4分の1程度が適量
タマリンド・・・小さじ1杯程度。入れすぎは禁物。
塩・・・適量。
砂糖・・・適量。黒砂糖にするとよりコクが出る。
味付け調味料・・・適量。


【作り方】
1 :鍋にお湯を沸騰させ、角切りにした豚肉をゆでる。
2 :豚肉に火が通ったら、高菜と刻んだトマトを鍋に入れる。
3 :高菜が煮えたら、タマリンド、塩、砂糖、味の素などの味付け調味料で味を整える。


ニンニクと赤玉ネギを刻んで炒めたものを加える家庭もあります。作りたてよりもしばらく置いた方がおいしいと言う人もいます。好みに合わせてご自分の味を作ってみましょう。

2006年2月1日発行 1号掲載

Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会