シャン料理っぽさ満点のさっぱりサラダ ヌーサー

   
 

パクチョー(野菜の煮込みスープ)

  トーフウンとトーフジョー
  ヌーサー(ひき肉のサラダ)
   

   
  コラム
  ピックアップ記事
  シャン昔ばなし
 
 
  おすすめ
   
 
 ヌーサー ひき肉のサラダ

あっさりしていて食べやすいといわれるシャン料理。今回ご紹介するヌーサーはそういった面をよく表しています。直訳すると肉の和えもの。挽き肉をレモン、ハーブ、スパイスで和え、生の葉野菜にのせていただきます。油を一切使わないヘルシーさもうれしいですね。タイ東北部やラオスでもラープという名で食されています。難しい手順は全くありませんので、ぜひトライしてください。
 
現地の野菜はおいしい。ヌーサーを真ん中に、時計回りに上からキャベツ、レタス、ハーブ2種、ササゲインゲン、キュウリ、生食用のナスなど。

 
【材料】(2〜3人分)
挽き肉・・・鳥・豚・牛、何でもOK。150gほど。
レモン汁・・・レモン1個分。
玉ネギ・・・香りがよい赤玉ネギがベスト。4分の1個。
レモングラス・・・皮1枚分。
パクチー・・・適量。
鷹の爪・・・適量。
山椒・:・適量。実を炒ってつぶすと抜群の風味。
ナンプラー・・・レモン汁と同じ分量がベスト。
葉野菜・・・日本ではレタス、キャベツが手ごろ。
 

 
【作り方】
1:油を使わず、焼き色がつかない程度に挽き肉を炒める。
2:炒めた挽き肉を容器に移して冷ます。
3:たまねぎ、レモングラス、パクチーを細かく刻む。
4:お好みの量の鷹の爪、山椒を粗い粉末状にする。
5:レモン汁とナンプラーを同量ずつ合わせる。
6:挽き肉が冷めたのを確認し、下準備した材料全てを混ぜる。

 

 
【食べ方】
生の葉野菜をたくさんお皿に盛って食卓に置きます。これがシャンの代表的なサラダスタイル。色々な葉っぱを用意してバリエーションを楽しみましょう。
 

2006年9月15日発行3号掲載

Copyright 2006-2007 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会