マイソンカーについて


シャン文化情報誌マイソンカーは、日本語でシャン文化を発信する不定期刊行物です。
2006年2月1日に創刊し、2007年1月現在で4回の発行を数えます。


現在のところ有志による寄付で毎号1000部の印刷代を捻出し、無料で配布しています。おもに置かせていただいている場所は、高田馬場のシャン料理レストラン「ノングインレイ」、JMCC(日本ミャンマー・カルチャーセンター)、アクロス池袋店です。

マイソンカーの執筆、編集は、本業を別に持つ複数名の流動的なメンバーが行っております。そして、そのほとんどが「ノングインレイ」で出会った旅好き、アジア好きの面々です。シャン文化に魅かれていた私たちは、もっと多くの人に知っていただきたいと思い、ミニコミ誌の制作に至りました。

みな本業を別に持っており、執筆の経験や編集の知識を持ち合わせておりません。しかし、そこで知り合った方々の多大なる支援のもと、なんとか今まで継続できている次第です。

なお「シーサンパンナ文化協会」というのは、日本シャン文化友好協会顧問の鄭仁和(ていじんわ)さんが会長を務める団体です。マイソンカー編集スタッフは固定のメンバーでないため、当協会発行ということになっています。

当サイトを通じての マイソンカー紙媒体の入手方法については現在準備中です。

 

Copy right 2006 All Rights Reserved シーサンパンナ文化協会